kayak tripper

ARTICLE PAGE

2014前半戦(9月)

あくまで個人的な見解ですのでスルー下さい
過熱する一方の新潟エギング
毎年釣り人の数が増えているように感じるのは自分だけでしょうか?
そんな現状からか、ゴムボで沖磯に渡る方が前回、前々回あたりから、かなり居たようです

自分のスタイルとしては、誰でも釣れる活性の高いコイカを足で稼いで獲っていくってヤリ方
一言でいえば、先行者がいないとこでしか釣れないという現実があります
9月後半にもなると、自分のスキルの無さを痛感します

理論とか理屈とかデータとか、あまり小難しいことは考えないで気持ちよく竿を振る
いい感じのとこにルアーを通す、それだけでは厳しくなってきました。特にこれからの季節・・・
ま~今までがあまりに適当過ぎたんですが(汗)

今年は通年よりイカは小さ目、数は結構いるようですが釣人が多すぎ
数がなかなか伸びません
前半戦で80杯前後
RIMG0070.jpg
これからの課題がいろいろと見えてきました

まずはDEEP、見えるストラクチャから見えないストラクチャを探す
ボトムの釣りのお勉強しなきゃなりません
あとは人が投げれない場所にルアーを通す
バス釣りと一緒ですね、この辺は(笑)
そのためには、エギの沈下スピードとかちょっと考えなければなりませんね
今までみたいに適当じゃ、ロストしまくりになることは必至です
めんどくさいけど・・・

後半戦はナイトでサイズUPを狙って、ボトムの釣りお勉強します
そして来年こそはカヤックでティップラン!!   
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment